株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

改めてCFD業者の取扱商品及び銘柄数を比較確認してみる

      2016/05/31

昨今CFD(差金決済取引)の取引から撤退する証券会社、FX会社が多いですが、そんな中今でも地道にCFD取引サービスを提供している会社を確認してまとめてみると(下の表参照)、

まだまだ結構ありますね。

スポンサーリンク

このうち取扱銘柄数では個別株、株価指数、貴金属やコモディティのCFDを含めてサクソバンクFX証券とIG証券がいずれも7000銘柄以上扱っていて強く、次いでひまわり証券。

取引コストという面ではサクソバンクFX、DMM.com証券、GMOくりっく証券が全般的には有利。

ということで、これまで利用していたIG証券からサクソバンクFXに乗り換えようかと思案中。。

CFD取扱会社の取扱銘柄数などを比較

CFD業者一覧取扱
銘柄数
株式株価
指数
商品債券
サクソバンクFX証券7046
IG証券7040
インヴァスト証券41××
ひまわり証券525×
FXCMジャパン証券2×××
内藤証券107××
東岳証券13××
ドットコモディティ33×××
FXCMジャパン証券2×××
あい証券13××
岩井コスモ証券21×××
DMM.com証券[DMM CFD]7××
GMOクリック証券48×
マネーパートナーズ2×××
アヴァトレードジャパン16×××
DMM.com証券[外為ジャパンCFD]3×××

スポンサーリンク

  関連記事

no image
CMCとひまわり証券のCFD取扱株式市場を比較

CMCマーケッツとひまわり証券が取り扱うCFDにおいて、株式CFDで何カ国カバーしているかを比較しました。

CFD会社の比較表

最近マネー雑誌でよく取り上げられるCFD(差金決済取引)。現在、このCFDサービスを提供している国内の業者について取扱分野別の比較表を作ってみました。

no image
国内証券CFD提供会社のサービス比較

CMCマーケッツとひまわり証券のCFDを比較。取扱銘柄数、手数料、レバレッジ、自動ロスカット基準などを比較しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*