株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

インヴァスト証券、外為ジャパンとさらにCFD取引からの撤退が続く

      2016/05/31

先週末インヴァスト証券と外為ジャパン(DMM.com証券)は店頭CFD取引のサービスを終了することをアナウンスしました。

インヴァスト証券は9月末、外為ジャパンは6月26日をもってサービス終了となるので建玉を持っている場合はこの期日までに決済をする必要があります。

スポンサーリンク

インヴァスト証券のプレスリリースを読むとシステム提供元のことやシステム云々を言っていますが去年度の売上でCFDが占める割合はわずか2.5%ということから、CFDのサービスを持続しても収益が見込めないことがサービス終了の大きな要因と思われます。

尚、外為ジャパンを昨年買収したDMM.com証券自体もCFD取引を提供していますが、こちらは継続していくとのこと。

CFD取引できるところが段々少なくなって来ましたね。

IG証券、サクソバンク証券、そしてDMM.com証券といった主要CFD取引会社までこの流れが波及してしまうのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

  関連記事

no image
SBI証券、CFD取引サービス開始を延期

SBI証券が2008年12月中旬から開始予定と発表していたCFD取引サービスの延 …

IVTインベストメント・バンキング CFDを開始

これまで法人のみにCFDを提供していたIVTインベストメント・バンキングが個人投資家向けにもCFDを開始しました。

エイチ・エス証券、7月下旬よりCFD取引提供

エイチ・エス証券が、2009年7月下旬を目処にCFD(差金決済)取引サービスを開 …

CMCマーケッツ、携帯CFD取引環境をリリース

CMC Markets JapanがCFD取引のモバイル(携帯)環境を7月1日にリリースしました。
モバイル(携帯)版は特別なソフトなどは必要なく、ブラウザー上で動作する仕様となっています。

no image
ひまわり証券がCFD対象銘柄に海外ETFを追加

日本で初めてCFD(差金決済)取引を開始したひまわり証券がCFDで売買できる海外ETFを拡充しました。
今回拡充されたETFの中にはショートETF(空売りETF)銘柄もあり、CFDによる投資戦略の幅が広がりそうです。
ショートETFとは通常のETFが対象となっているインデックスに連動して上下するのに対し、対象となっているインデックスが下がるとETFの基準価格が上昇するという物です。

no image
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン) CFDに外国株を4000銘柄追加

今年3月23日にCFDサービスを開始したIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)・ジャパン)は当初、日本株式、米国株式、株価指数、FXなど2500銘柄以上でスタートしましたが、今回新たに欧州を中心に世界22カ国の株式4000銘柄をCFDに新たに追加しました。

no image
フェニックス証券がCFDに参入

フェニックス証券が5月中にもCFD(差金決済)取引に参入します。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)ジャパン)を傘下に持つ英大手IGグループからシステムの提供を受け、株価指数やコモディティー関連の銘柄を取り扱う模様です。

no image
サクソバンクFX(SAXO BANK)がCFD開始

日本法人であるサクソバンクFX社は昨年日本の投資家向けにもサービスを開始しましたが、2010年7月5日からCFDも開始しました。

no image
イニシア・スター証券、CFDの取扱検討中

モンゴル投資ファンドやラブホテル投資ファンドなど、他とは違った投資商品を開発・販売しているイニシア・スター証券が今度CFDを取り扱うと自社のブログで発表しています。

no image
IG証券 FX/CFD教育コースを提供

IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)・ジャパンが8月3日付でFX/CFDビギナーの方を対象に開発された教育ツール「トレードセンス」をリリースしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*