株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

CFD取引における配当や株主優待の扱いについて

      2015/11/28

CFD取引における配当の扱い

買いの場合は予想配当額から源泉徴収分の10%を引いた金額が支払われる。

売りの場合は予想配当額を支払う必要があります。

スポンサーリンク

CFD取引における株主優待の扱い

CFDで株主優待は貰えません。

また、議決権もありません。

ただ、CFDを活用した株主優待ゲットに関するテクニックはあります。

それは、現物株を株式市場(東証や大証など・・)で買って権利を取得する一方、CFD取引で同じ銘柄を空売りする方法です。

これによって低コストで株主優待が手に入ります。

但し、この方法には注意する点があります。

まず第一にある現物市場とCFD取引両方を行なうためある程度資金が必要なこと。

そしてCFD取引にはスプレッドや手数料が存在するため、タダで株主優待が手に入る訳ではないことに注意してください。

株主優待には高額で売れるものもありますので、色々検討してみるのも面白いと思います。

スポンサーリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした

Comment

  1. FX侍 より:

    取って置きのFX情報を公開しています♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*