株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

ワールドビジネスサテライトで放送されたCFD特集の動画

      2013/11/30

3月26日のワールドビジネスサテライト(テレビ東京系列)でCFDについて5分以上にわたってその動向や現状について触れられたが、その時の模様がテレビ東京のHPから見れるようになっています。

見逃してしまった人は以下のURLから是非見てみてください。 個人が注目する新金融商品 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2009/03/post-456.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

no image
陳満咲杜氏のCFD専門書が発売「しっかり儲けるCFDトレード入門」

09年3月14日にCFD専門書としては国内では二冊目となる「しっかり儲けるCFDトレード入門」が発売される。
著者は、国内で最初に商品CFDを開始した東岳証券(旧イーストヒル・ジャパン)でアナリストを務めていた陳満咲杜氏。

no image
CFD取引におけるオーバーナイト金利とは

CFD取引ではオーバーナイト金利という仕組みがあります。 オーバーナイト金利とは …

no image
CFD人気銘柄-オーストラリア編

IG証券からの情報をもとにイギリスに次いでCFDが広まっているオーストラリアおけ …

no image
CFD取引における価格決定の仕組み

CFD取引は、実際の株式市場(現物)に連動した価格でトレードをしますが、 取引相 …

no image
東京金融取引所 CFDを2009年に上場か

クリック365などで知られる東京金融取引所が日経平均を対象としたCFDの上場を2009年に予定していることがわかった。
日経平均といえば、日経225先物を思い浮かべる方も多いと思うが、既存の「日経225先物」は、限月までの期間の金利等が先物価格に織り込まれるため、通常『日経平均株価』と「日経225先物」価格との間には乖離が発生する。

no image
M&A市場の錯乱要因となっているCFD

ちょっと古いですが、野村総合研究所(NRI)から「M&A市場の錯乱要因となっているCFD」と題したレポートが出ています。

FuturesJapanによるCFD特集

米「Futures」誌と提携した投資情報誌「Futures Japan 2008 …

no image
CFDはFXのように普及するのか

欧米で盛んな差金決済取引(CFD)が、日本の個人投資家にも広がってきた。
外国為替証拠金取引(FX)のように少ない元手でも多額の投資が可能で、インターネット専業証券最大手のSBI証券も参入する今年は「CFD元年」(関係者)という熱気を帯びた声も聞かれる。
一方で、悪質なFX業者のトラブルが多発したことを教訓に、金融庁は投資家保護のための法整備に乗り出した。

no image
CFDで豚を空売り

豚インフルエンザのニュースが世界中を駆け巡り、WHOの警戒レベルもフェーズ5へと移行しました。 豚インフルエンザのニュースを見ていて、豚を空売りできればなぁと思ってCMC Markets Japanのソフトを起動してみてみたらポークベリー(冷凍豚腹肉)とリーンホッグ(赤身豚肉)の取引ができるじゃないですか!?

no image
FXとCFDの違い

同じような仕組みを持つFXとCFDですが、異なる点について今回は紹介します。
一番の違いは金利(スワップ金利)の発生ではないでしょうか。
FXでは買いポジションを保有している場合、金利を受け取り。
売りポジションを保有している場合、金利を支払います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*