株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

イニシア・スター証券、CFDから撤退

      2013/01/14

イニシア・スター証券は昨年末スタートしたばかりのCFD(差金決済取引)サービスを12月10日取引終了をもって終了すると発表しました。

これは同社がCFDを提供する上でシステム全般の提供を受けているCMC Markets Japanとのホワイトラベル契約を終了したためです。

スポンサーリンク

※ホワイトラベル:自社製品を相手先のブランドでエンドユーザに提供するサービス。自動車でいうところのOEM

同社のプレスリリースでは来年から始まる予定のCFDレバレッジ規制をサービス終了の理由として挙げていますが、個人的には結局CMC Markets Japanが提供しているCFDサービスとの違いがなく、あえてイニシア・スター証券のCFDで取引するメリットがなかったのが原因で口座開設や取引が行われず、収益を生み出さなかったのが要因ではないかと。

さて、今回のサービス撤退に伴ってイニシア・スター証券でCFDの口座を持っている人は自動的にCMC Markets Japanに口座を移管されます。

口座を持っている方は情報に注視してください。

 

スポンサーリンク

  関連記事

イニシア・スター証券 CFDを12/1から開始

レジャーホテルファンド(通称:ラブホテルファンド)やモンゴルファンドなど他の証券会社とは変わった商品を提供するイニシア・スター証券が12月1日からCFD(差金決済取引)を開始するようです。

no image
イニシア・スター証券 FX事業から撤退

イニシア・スター証券は昨日8月27日に外国為替証拠金取引事業(FX)を、フォレックスクラウン株式会社に譲渡し、FX事業から撤退することを発表しました。

イニシア・スター証券が破産
イニシア・スター証券が破産

イニシア・スター証券が破産手続きを開始していました。 スポンサーリンク 2012 …

no image
イニシア・スター証券に対するラブホテルファンド問題の影響が気になる

このラブホテル・ファンド(レジャーホテルとも呼ばれる)、ダイヤモンド・ザイ(ZAi)など各種投資雑誌に広告を掲載

no image
イニシア・スター証券 CFDの特徴(CMC Marketsとの違い)

自分や知り合いツイッター(Twitter)経由でイニシア・スター証券宛てに問いかけていたイニシア・スター証券CFDの特徴についてがツイッター経由で回答があったので、ご紹介。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*