株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

FXでドルコスト平均法を実践するのに適した業者はどこか

      2017/05/09

SBI FXトレード-豪ドル円スプレッド

ドルコスト平均法は投資をしている方なら知っている有名な投資方法ですね。

有名な投資手法であるためネット上でも色んな解説記事がありますし、本でもこれまで解説されているのでここではあえてドルコスト平均法がなんなのかは紹介しません。

スポンサーリンク

ここではそのドルコスト平均法をFXなどの外貨預金、外貨への投資で実践する上でどこのFX会社が適しているかを紹介します。

ドルコスト平均法に適したFX会社

長々と書いても意味ないんで、単刀直入に結論から言うとFXのドルコスト平均法に適したFX会社はSBIFXトレード社です。

その理由はというと大きな理由としては2つあります。

  1. 最低取引単位が1通貨~(多くの会社は1000通貨、1万通貨が最低取引単位)
  2. 低コスト。スプレッドが1万通貨までの取引ならドル円で0.1銭という驚異的なスプレッド
  3. 毎日自動で決まった量買い付けが出来る

ドルコスト平均法が一番利用されているのは年金運用などでも利用される投資信託やETFだと思いますが、この場合、毎月一定金額を決まった日に買うことでドルコスト平均法を実践しています。

これを毎月1回ではなく、毎日定期的に買い付けることができれば、年間12回の買い付け価格の平均より年間240回の買い付け価格の平均の方が平均値としての精度は高くなります。

注)毎日買い付けた方が毎月1回買い付けるより必ず有利という訳ではありません。

1通貨から売買できるFX会社は2社のみ

毎日買い付けるのに最低取引単位が1000通貨や1万通貨では多くの証拠金が必要となるのでこれまでのFX会社では実践することが難しかったのですが、最低取引単位が1通貨から出来るSBI FXトレード社の登場によってそれが可能となりました。

またFXのドルコスト平均法では豪ドル円の通貨ペアがスワップ金利が比較的高いため人気ですが、SBI FXトレード社の豪ドル円スプレッドは0.85銭とこれまたFX会社の中でも1,2を争う低スプレッドで取引コストが低いのも特徴です。

因みに。最低取引単位が1通貨からというところはSBI FXトレード社以外にはOANDA JAPANだけです。

しかしOANDA Japanはスプレッドが広く売買コストが高いです。

1通貨から取引出来て、更にスプレッドも狭くて売買コストも低いSBIFXトレードこそFXでドルコスト平均法を実践する上で適している会社といえます。

ということで私はSBI FXトレード社を使ってスマホから毎日豪ドルや南アランド円をちょこちょこ買っています。

スポンサーリンク

  関連記事

SBIFXトレード-ロゴ
低スプレッドが売りのSBI FXトレードの口座開設は2日で完了

一昨日SBIFXトレードのホームページから口座開設を行なって、今日SBIFXトレ …

SBIFXトレードの口座開設 ポイントサイト毎のキャッシュバック額を比較

先日SBIFXトレードの口座開設をしたのですが、ポイントサイト経由で口座開設する …

no image
取引通貨量で異なるSBI FXトレードのスプレッド

スプレッドに関して業界最狭を謳うSBI FXトレードですが、取引通貨量でスプレッドが大きく異なるので単純な業者ごとのスプレッド比較だけでは判断できません。

no image
他社を圧倒。SBI FXトレードのドル円スプレッドがついに0.1銭へ TVCMも開始

ドル円のスプレッドが0.11銭とFX会社の中で最も低い(狭い)スプレッドを提供し …

SBIFXトレードが諸事情によりスプレッド拡大を決定

ドル円のスプレッドが0.1銭(1回の売買が1万通貨までの取引)とFX会社の中で最 …

no image
SBI FXトレード社 全11通貨のスワップ金利を改善

今年のサービス開始以来、個人投資家などの小口顧客むけにスプレッドの狭さなどを訴求して口座数を伸ばしているSBI FXトレード社ですが今度は通貨を保有している際に受けっとたり・支払ったりするスワップ金利に対して手を入れてきました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*