株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

IG証券(旧FXオンライン)CFDの特徴

      2016/05/31

IG証券(旧FXオンライン)が今週からCFDを開始しました。

IG証券(旧FXオンライン)が提供するCFDの特徴は、日本株の取扱い数が500銘柄と現段階で日本一の取扱数となっている点です。

スポンサーリンク

CFD日本株取扱銘柄一覧 この500銘柄という数字、これまで日本株の取扱いが最大だったひまわり証券のCFDに比べて約2倍となる数字です。

現段階でIG証券(旧FXオンライン)が提供するCFDは日本株、アメリカ株、株価指数の2500銘柄となっていますが、今後コモディティCFD、債権CFDなども順次追加していく予定のようで、将来的には9000銘柄をCFDで扱うとのこと! IG証券はCFDに関して信託保全もサービス開始時点から実施しており、CFDに対する金融規制を先取りする形となっています。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
内藤証券もCFDに参入

内藤証券が12月中旬からCFDサービスを開始するようです。 ここ最近、SBI証券 …

no image
フェニックス証券がCFDに参入

フェニックス証券が5月中にもCFD(差金決済)取引に参入します。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)ジャパン)を傘下に持つ英大手IGグループからシステムの提供を受け、株価指数やコモディティー関連の銘柄を取り扱う模様です。

no image
東岳証券 証券CFDも提供へ

東岳証券(旧イーストヒル・ジャパン)は、4月6日から証券CFDを開始する。同社はコモディティCFDの老舗であるが、今回新たに証券CFDを提供することで既存の顧客へより幅広い商品を提供することになります。

IVTインベストメント・バンキング CFDを開始

これまで法人のみにCFDを提供していたIVTインベストメント・バンキングが個人投資家向けにもCFDを開始しました。

no image
ひまわり証券がCFD対象銘柄に海外ETFを追加

日本で初めてCFD(差金決済)取引を開始したひまわり証券がCFDで売買できる海外ETFを拡充しました。
今回拡充されたETFの中にはショートETF(空売りETF)銘柄もあり、CFDによる投資戦略の幅が広がりそうです。
ショートETFとは通常のETFが対象となっているインデックスに連動して上下するのに対し、対象となっているインデックスが下がるとETFの基準価格が上昇するという物です。

no image
SVC証券(現DMM.com証券)がCFD(差金決済取引)取扱開始

国内・海外の個別株・株価指数に簡単に投資できる金融商品として注目を集めだしているCFD。
そのCFDを取り扱う業者がまた一つ増えました。

no image
イニシア・スター証券、CFDの取扱検討中

モンゴル投資ファンドやラブホテル投資ファンドなど、他とは違った投資商品を開発・販売しているイニシア・スター証券が今度CFDを取り扱うと自社のブログで発表しています。

no image
CFDの口座数推移はこんな感じになっている

2009年12月時点でのCFD口座数は以下のようになっている。

no image
オリックス証券 CFD取引を4月で終了

2010年5月にマネックス証券と合併することになっているオリックス証券ですが、オリックス証券が扱っているCFD取引サービスを4月17日をもって終了することを発表しました。

SBI証券-CFD終了
SBI証券もCFDから撤退で大手ネット証券から店頭CFDは消える

昨年相次いだ金融機関のCFD(差金決済取引)サービスの撤退ですが、先週末でSBI …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*