株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

ひまわり証券のCFDを解説

      2016/05/31

ひまわり証券 CFD

ひまわり証券は日本で初めてFX,CFDを導入した会社で、CFDという言葉すら日本で浸透していなかった2005年にいち早くサービスを開始し、これまでに一度もシステムトラブルを起こすことなくサービスを提供しています。

スポンサーリンク

ひまわり証券-CFDの特徴:

  • 海外ETF銘柄が90銘柄以上取引可能海外ETF銘柄一覧
  • 世界11ヶ国、14証券取引所の5000銘柄以上が取引可能

11ヶ国:日本、オーストラリア、香港、アメリカ、フランス、オランダ、ドイツ、イタリア、スイス、イギリス、ベルギー
日本株 280銘柄以上、オーストラリア株 535銘柄以上、中国株 202銘柄以上、ヨーロッパ 1674銘柄以上、アメリカ 2378銘柄以上

  • 15種類の株価指数(現物)が取引可能
  • 株価指数先物(業種別指数先物を含む)20銘柄・債券先物3銘柄が取引可能

ひまわり証券のCFDは、海外のETFや個別株を取引したい方におススメです。

レバレッジ:最大20倍

手数料:0円

システム・カバー先: SAXO Bank(サクソバンク)

ひまわり証券 CFDのHPはこちら

スポンサーリンク

  関連記事

no image
ひまわり証券CFD、カバー先をサクソバンクからCMCに変更

日本で最初にCFD取引サービスを開始したひまわり証券。 2005年のサービス開始 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*