株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

SVC証券(現DMM.com証券)がCFD(差金決済取引)取扱開始

      2016/05/31

国内・海外の個別株・株価指数に簡単に投資できる金融商品として注目を集めだしているCFD。

そのCFDを取り扱う業者がまた一つ増えました。

スポンサーリンク

その業者はDMM.com証券、これまではCMC Markets Japanとひまわり証券の2社しか国内ではCFDを扱っていませんでしたが、DMM.com証券で3社目となります。

DMM.com証券では下記のような日本やアメリカを中心とした個別企業・株価指数に投資することが出来ます。

 【株価証拠金取引】

日経平均の構成銘柄225社、ニューヨーク証券取引所上場銘柄約1,372社、ナスダック上場銘柄約880社の銘柄をお取引き可能

【株価指数証拠金取引】

S&P500やダウ・ジョーンズなど世界主要国の株価指数銘柄のお取引が可能。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
イニシア・スター証券、CFDの取扱検討中

モンゴル投資ファンドやラブホテル投資ファンドなど、他とは違った投資商品を開発・販売しているイニシア・スター証券が今度CFDを取り扱うと自社のブログで発表しています。

no image
ひまわり証券がCFD対象銘柄に海外ETFを追加

日本で初めてCFD(差金決済)取引を開始したひまわり証券がCFDで売買できる海外ETFを拡充しました。
今回拡充されたETFの中にはショートETF(空売りETF)銘柄もあり、CFDによる投資戦略の幅が広がりそうです。
ショートETFとは通常のETFが対象となっているインデックスに連動して上下するのに対し、対象となっているインデックスが下がるとETFの基準価格が上昇するという物です。

no image
CFD、新興国個別株や株価指数が追加されます

CMC Markets Japanが10月6日からCFDの取り扱い商品を増やすみ …

no image
SBI証券とオリックス証券がCFDに参入⇒現在は撤退

12月中旬からSBI証券とオリックス証券がCFD取引を開始するようです。
ネット証券大手のSBI証券が参入することでCFDがFX同様に拡大することが期待される。
現在、国内ではひまわり証券、CMC Markets Japan、SVC証券、東岳証券がCFDを提供している。 SBI証券とオリックス証券のCFD手数料はまだ発表されていないが、オリックス証券のCFDでは下記の商品を扱うということをプレスリリースしている。

no image
SVC証券、DMM.com証券に社名変更

サクソバンクをカバー先としてCFDを提供しているSVC證券が7月1日より社名をD …

エイチ・エス証券、7月下旬よりCFD取引提供

エイチ・エス証券が、2009年7月下旬を目処にCFD(差金決済)取引サービスを開 …

no image
SBI証券、CFD取引サービス開始を延期

SBI証券が2008年12月中旬から開始予定と発表していたCFD取引サービスの延 …

no image
CFDの口座数推移はこんな感じになっている

2009年12月時点でのCFD口座数は以下のようになっている。

no image
内藤証券もCFDに参入

内藤証券が12月中旬からCFDサービスを開始するようです。 ここ最近、SBI証券 …

no image
ドットコモディティがCFDに参入

オンライン専業商品取引会社として口座開設数・預かり資産No1のドットコモディティが4月から商品CFDに参入すると発表しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*