株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

CFD VS 日経225先物・mini 比較

      2016/05/31

日経平均株価を取引対象とする取引について大阪証券取引所の日経225先物と日経225ミニ、そしてCFD(差金決済)との比較をしてみます。

商品 CFD 日経225先物 日経225mini
取引形態 相対取引 証券所取引 証券所取引
投資対象 シンガポール証券取引所

スポンサーリンク

日経225先物

大阪証券取引所

日経225先物

大阪証券取引所

日経225先物

取引時間 約24時間 8時間 8時間
手数料 無料 片道500円前後

証券会社によって異なる

片道50円~100円程度

証券会社によって異なる

スプレッド 10円~20円程度

業者によって異なる

レバレッジ 20倍~100倍

業者によって異なる

20倍前後 20倍前後
取引単位 1単位 1000単位 100単位
最低証拠金 取引金額×1%(レバレッジ100倍の場合) 約100万円 約10万円
期限
税金 総合課税 分離課税 分離課税

CFDで日経平均を取引するメリット

  • 取引時間がほぼ1日中
  • レバレッジの倍率が高いため、少ない投資資金で取引可能
  • 取りh機単位が小さいので、少ない投資資金で取引可能
  • 決済期限が無く、期日を意識する必要があまりない

があります。

特に少ない投資資金で出来ること、24時間取引できるのは大きなメリットです。

レバレッジに関してはCMCマーケッツIG証券が最大100倍となっていて業者毎に異なります。

CFDで日経平均を取引するデメリット

  • 税金が総合課税なので利益が多い人は不利
  • 損失が出ても繰越ができない
  • 他の先物系と損益通算ができない
  • スプレッドがある

があります。

スポンサーリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*