株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

CFD取引と先物・信用取引の違い

      2013/11/30

まず、一般的な先物取引とCFD取引の違いは取引期限にあります。

先物取引では取引期限が決まっていて、ある一定の期限内に売買を完了する必要がありますが、CFDは業者との相対取引のためこの取引期限を自由に決めることができます。

スポンサーリンク

そのため、業者によっては特定の期限を設けないところもあるため、期限に縛られないというメリットがあります。

次に信用取引とCFD取引の違いですが、これは基本的にはありません。

日本株の信用取引においては、制度信用取引と一般信用取引と2つの仕組みが存在します。

制度信用取引

証券取引所が一定の基準で選択した銘柄のみを扱い6か月という期限がある。

一般信用取引

各証券会社が自己の裁量で取扱銘柄や取引期限を自由に設定できるため、期限を無期限とする証券会社も多くある。

これで既にお分かりになった方もいると思いますが、制度信用取引とCFDでは先物取引と同様に取引期限に違いがありますが、一般信用取引との違いは殆どありません。

違いがあるとすれば、レバレッジの大きさがCFDの方が大きいということでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
CFDの特徴

CFDの特徴としては下記の6点があります。
1.レバレッジを効かすことができる。
2.一つの口座で株から債権、コモディティまで幅広い商品に投資できる。
3.外国株を簡単に売買できる。
4.空売り(ショート)が可能。
5.24時間取引可能。(*24時間取引できない商品もあります)
6.空売り(ショート)で金利が貰える。

no image
CFD取引における価格決定の仕組み

CFD取引は、実際の株式市場(現物)に連動した価格でトレードをしますが、 取引相 …

no image
M&A市場の錯乱要因となっているCFD

ちょっと古いですが、野村総合研究所(NRI)から「M&A市場の錯乱要因となっているCFD」と題したレポートが出ています。

FuturesJapanによるCFD特集

米「Futures」誌と提携した投資情報誌「Futures Japan 2008 …

no image
CFD(差金決済取引)にもレバレッジ規制発動

10月16日に金融庁は個人を相手にした証券CFD(差金決済)取引など有価証券店頭デリバティブ取引に証拠金規制を導入すると発表しました。

no image
CFDで豚を空売り

豚インフルエンザのニュースが世界中を駆け巡り、WHOの警戒レベルもフェーズ5へと移行しました。 豚インフルエンザのニュースを見ていて、豚を空売りできればなぁと思ってCMC Markets Japanのソフトを起動してみてみたらポークベリー(冷凍豚腹肉)とリーンホッグ(赤身豚肉)の取引ができるじゃないですか!?

no image
ワールドビジネスサテライトで放送されたCFD特集の動画

3月26日のワールドビジネスサテライト(テレビ東京系列)でCFDについて5分以上にわたってその動向や現状について触れられたが、その時の模様がテレビ東京のHPから見れるようになっています。

no image
WITVによるCFD・外国株特集

海外投資専門テレビ「WorldInvestors.TV」(http://worldinvestors.tv/)でCFDを活用した外国株特集が4月10日から放送されます。

no image
FXレバレッジ規制がCFDに与える影響とは

金融庁は5月29日、FX(外国為替証拠金取引)、顧客が預けた金の何倍の取引が行え …

no image
新型インフルエンザにのってCFDの豚取引で儲ける

現在、日本のCFD取引業者でコモディティを取り扱っている業者はいくつかあるのですが、その中で豚を扱っているのはCMC Markets Japan、ドットコモディティの2社のみとなっています。