株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

CFDについて証券会社の方と飲みながら意見交換

      2016/05/31

昨日は、東京銀座にてCFDを国内で最初に開始したひまわり証券のMさんと、CFDの世界的パイオニアであるCMC MarketsのTさんとお酒を飲みながらCFDについて色々とお話させて頂きました。

お話の中で、CFD取引ではリスクコントロールが重要ということを強調されてました。

スポンサーリンク

多くの投資家が勝率は高いが、一回の損失が大きく、トータルでみると損しているケースが多いのだという。

これはCFDに限らず、FXや他の投資でも同じことがいえるが、改めて認識させられました。

私自身もよく上記のように一回の損失が大きく、結局勝率が高くてもそんなに儲かっていないということを数多く経験しています。

また、日本におけるCFD取引については、SBI証券のCFD参入をきっかけに以前にも増してCFDの注目度は上がっているということでした。

他にも個人的にCFDで理解が浅いところを直接レクチャーしてもらい、中々貴重な経験をさせてもらったCFD飲み会になりました。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
オリックス証券 債権CFDと商品CFDを追加

オリックス証券が4月13日より債権CFDと商品CFDの取扱いを開始します。 債権 …

商品CFD銘柄一覧のリアルタイム価格表示(CMC Markets)

株から債券、商品(原油、金など)まで幅広い銘柄をCFDで提供しているCMC Ma …

no image
サクソバンク、社名変更と共にCFDのラインナップを大幅に拡大

サクソバンクFXは社名をサクソバンクFX証券に変更しました。この社名変更を機にCFDの取り扱い銘柄を大幅に拡大。

no image
CFDの口座数推移はこんな感じになっている

2009年12月時点でのCFD口座数は以下のようになっている。

no image
CFD業者 取引ツールを充実へ

ドットコモディティ、インヴァスト証券がCFD取引ツールを現状のリッチクライアント版に加えてモバイル(携帯電話)とWEB(ブラウザ)版を7月にもリリースすることがわかりました。

no image
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン) CFDに外国株を4000銘柄追加

今年3月23日にCFDサービスを開始したIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)・ジャパン)は当初、日本株式、米国株式、株価指数、FXなど2500銘柄以上でスタートしましたが、今回新たに欧州を中心に世界22カ国の株式4000銘柄をCFDに新たに追加しました。

no image
インヴァスト証券、外為ジャパンとさらにCFD取引からの撤退が続く

先週末インヴァスト証券と外為ジャパン(DMM.com証券)は店頭CFD取引のサー …

no image
SVC証券、DMM.com証券に社名変更

サクソバンクをカバー先としてCFDを提供しているSVC證券が7月1日より社名をD …

no image
SVC証券(現DMM.com証券)がCFD(差金決済取引)取扱開始

国内・海外の個別株・株価指数に簡単に投資できる金融商品として注目を集めだしているCFD。
そのCFDを取り扱う業者がまた一つ増えました。

no image
ひまわりCFDがダウのスプレッドを2.5ポイントに縮小

ひまわり証券のCFD『ひまわりCFD』が、NYダウ平均株価指数とオーストラリアS&P200種株価指数の米国個別株式のスプレッド(売値と買値の差)を縮小します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*