株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

新型インフルエンザにのってCFDの豚取引で儲ける

      2016/05/31

ゴールデンウィーク前から日本でも大きくニュースで取り上げられている新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)

メキシコから始まり、北米・ヨーロッパ、そしてアジア・日本と世界各国で感染が報告されています。

スポンサーリンク

この豚インフルエンザのニュースを見ていて、多くの人は自分の健康に対する影響を気にすると思います。

そのため、十分な加熱をしていれば問題ないと言われる豚を食べなくなる人も通常時に比べれば多くなり、生産者や商品を提供している方々などにとっては大きな影響を受けています。

一般個人レベルでは豚を食べる・食べないとか、マスクをする・しないとかに関心が行きがちですが、こんな時にこそ『CFD(差金決済)』の出番です。

CFDは株価指数をはじめ、個別株・債権・通貨と多くの金融商品に対して取引が可能ですが、これら以外にコモディティ(商品)に対してもCFDは取引することが可能です。

現在、日本のCFD取引業者でコモディティを取り扱っている業者はいくつかあるのですが、その中で豚を扱っているのはCMC Markets Japanドットコモディティの2社のみとなっています。(2009年5月現在)

CFD取引(コモディティ取引)における豚取引

コモディティ取引における豚取引には赤身豚肉と冷凍豚腹肉と2つの商品があります。

CMC Markets Japanでは赤身豚肉と冷凍豚腹肉、両方ともにCFDで取引可能となっていて、取引ソフト上ではリーンホッグ(赤身豚肉)、ポークベリー(冷凍豚腹肉)という銘柄となっています。

この2銘柄は先物(決まった期日までに売買を終了する必要あるということ)として取引所で売買されていて、取引時間は日本時間の夜11:05から深夜3:00までとなっています。そのため昼間仕事をしているサラリーマンでも家に帰ってから取引することが可能となっています。

ここで豚に関しての基礎知識を紹介したいと思います。

まず、生きてる豚1頭は約110kgあります。

この豚1頭からは約40kgの赤身豚肉(リーンホッグ)が取れ、赤身豚肉の内訳としては、ハムとロースが20%ずつ、腹肉が15%となっています。

豚は通常半年で上記で記した110kgに成長し、処理されます(怖い言い方ですが・・)。

豚の輸出はアメリカが世界最大で消費国としては中国、韓国の消費量が多いです。

◆豚を育てるためにはエサは?

豚の主なエサは”トウモロコシ”です。

そのため”トウモロコシ”の価格が豚の価格にも影響を与えます。*この”トウモロコシ”もCFDなら簡単に取引できます。

(豚と同じくCMC Markets JapanドットコモディティのCFDで取引可能)

このようにCFDであれば時事ニュースに対して機敏な投資が可能となります。

これは一つの口座で日本株から外国株、コモディティ、債権、通貨と本当に多くの金融商品に対して簡単にアクセスできるからです。

新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)のニュースが出たとき、豚の消費が少なくなると思われ豚の価格は大きく下落しました。

ニュースを見て豚をCFDで空売り(ショート)していれば大きな利益を得ることも可能だったわけです。

スポンサーリンク

  関連記事

FuturesJapanによるCFD特集

米「Futures」誌と提携した投資情報誌「Futures Japan 2008 …

no image
M&A市場の錯乱要因となっているCFD

ちょっと古いですが、野村総合研究所(NRI)から「M&A市場の錯乱要因となっているCFD」と題したレポートが出ています。

no image
FXとCFDの違い

同じような仕組みを持つFXとCFDですが、異なる点について今回は紹介します。
一番の違いは金利(スワップ金利)の発生ではないでしょうか。
FXでは買いポジションを保有している場合、金利を受け取り。
売りポジションを保有している場合、金利を支払います。

no image
CFD(差金決済取引)にもレバレッジ規制発動

10月16日に金融庁は個人を相手にした証券CFD(差金決済)取引など有価証券店頭デリバティブ取引に証拠金規制を導入すると発表しました。

no image
CFDで豚を空売り

豚インフルエンザのニュースが世界中を駆け巡り、WHOの警戒レベルもフェーズ5へと移行しました。 豚インフルエンザのニュースを見ていて、豚を空売りできればなぁと思ってCMC Markets Japanのソフトを起動してみてみたらポークベリー(冷凍豚腹肉)とリーンホッグ(赤身豚肉)の取引ができるじゃないですか!?

no image
FXレバレッジ規制がCFDに与える影響とは

金融庁は5月29日、FX(外国為替証拠金取引)、顧客が預けた金の何倍の取引が行え …

no image
CFD(証拠金差額決済)に関する詐欺事件

CFD(証拠金差額決済)に関する詐欺事件のニュースがあったのでご紹介します。 以 …

no image
東京金融取引所 CFDを2009年に上場か

クリック365などで知られる東京金融取引所が日経平均を対象としたCFDの上場を2009年に予定していることがわかった。
日経平均といえば、日経225先物を思い浮かべる方も多いと思うが、既存の「日経225先物」は、限月までの期間の金利等が先物価格に織り込まれるため、通常『日経平均株価』と「日経225先物」価格との間には乖離が発生する。

no image
CFDの特徴

CFDの特徴としては下記の6点があります。
1.レバレッジを効かすことができる。
2.一つの口座で株から債権、コモディティまで幅広い商品に投資できる。
3.外国株を簡単に売買できる。
4.空売り(ショート)が可能。
5.24時間取引可能。(*24時間取引できない商品もあります)
6.空売り(ショート)で金利が貰える。

no image
CFD取引における価格決定の仕組み

CFD取引は、実際の株式市場(現物)に連動した価格でトレードをしますが、 取引相 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*