株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

ひまわりCFDがダウのスプレッドを2.5ポイントに縮小

      2016/05/31

ひまわり証券のCFD『ひまわりCFD』が、NYダウ平均株価指数とオーストラリアS&P200種株価指数の米国個別株式のスプレッド(売値と買値の差)を縮小します。

NYダウのスプレッドを現状の4ポイントから2.5ポイントへ。

スポンサーリンク

資源国として注目を集めつつあるオーストラリアの株価指数S&P200種も5ポイントから3ポイントへ。

さらに、米国個別株CFDについては現状の0.04ポイントから0.025ポイントへと引き下げられます。

日本のCFD取引においてダウ株価指数のCFD(業者によってCFDでの銘柄名は様々)は人気No1なのでこのスプレッド縮小は大きいです。

CFDでダウを主体に取引する人はひまわりCFDで取引することで他の業者で取引するよりもコストの削減を図れますね。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
IG証券(旧FXオンライン)CFDの特徴

IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン))が今週からCFDを開始しました。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン))が提供するCFDの特徴は、日本株の取扱い数が500銘柄と現段階で日本一の取扱数となっている点です。

no image
CFD業者 取引ツールを充実へ

ドットコモディティ、インヴァスト証券がCFD取引ツールを現状のリッチクライアント版に加えてモバイル(携帯電話)とWEB(ブラウザ)版を7月にもリリースすることがわかりました。

no image
インヴァスト証券がCFDサービス開始を延期

CFDのサービス開始を本日(4月27日)としていたインヴァスト証券 ですが、準備 …

no image
CFD、新興国個別株や株価指数が追加されます

CMC Markets Japanが10月6日からCFDの取り扱い商品を増やすみ …

no image
フェニックス証券がCFDに参入

フェニックス証券が5月中にもCFD(差金決済)取引に参入します。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)ジャパン)を傘下に持つ英大手IGグループからシステムの提供を受け、株価指数やコモディティー関連の銘柄を取り扱う模様です。

no image
SBI証券、CFD取引サービス開始を延期

SBI証券が2008年12月中旬から開始予定と発表していたCFD取引サービスの延 …

no image
SBI証券とオリックス証券がCFDに参入⇒現在は撤退

12月中旬からSBI証券とオリックス証券がCFD取引を開始するようです。
ネット証券大手のSBI証券が参入することでCFDがFX同様に拡大することが期待される。
現在、国内ではひまわり証券、CMC Markets Japan、SVC証券、東岳証券がCFDを提供している。 SBI証券とオリックス証券のCFD手数料はまだ発表されていないが、オリックス証券のCFDでは下記の商品を扱うということをプレスリリースしている。

no image
サクソバンクFX(SAXO Bank FX),年内にもCFD提供か

既にご存じの方もいると思いますが、サクソバンクがFXからの撤退を発表していたアストマックスFXを買収して日本の投資家に対してダイレクトに商品を提供し始めました。

no image
サクソバンクFX(SAXO BANK)がCFD開始

日本法人であるサクソバンクFX社は昨年日本の投資家向けにもサービスを開始しましたが、2010年7月5日からCFDも開始しました。

no image
イニシア・スター証券、CFDの取扱検討中

モンゴル投資ファンドやラブホテル投資ファンドなど、他とは違った投資商品を開発・販売しているイニシア・スター証券が今度CFDを取り扱うと自社のブログで発表しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*