株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

CFD(差金決済取引)にもレバレッジ規制発動

      2017/08/06

FXへのレバレッジ規制が先日決定され、CFD(差金決済取引)もいずれレバレッジ規制がかかるだろうと思われていましたが、ついに金融庁が動き出したようです。

10月16日に金融庁は個人を相手にした証券CFD(差金決済)取引など有価証券店頭デリバティブ取引に証拠金規制を導入すると発表しました。

スポンサーリンク

証拠金の何倍まで取引できるかを示す「レバレッジ」について個別株は5倍以下、株価指数は10倍以下という案が提示されています。

現在、株価指数では最大100倍、個別株に関しては最大20倍程度のレバレッジとなっているので、規制が導入されれば現状に比べて大きなレバレッジ抑制となります。

仮に株価指数のレバレッジが10倍以下に抑えられた場合、日経225を取引する上では日経225先物・miniと比べてもレバレッジは半分になってしまい、CFDの優位性は薄らいでしまいます。

またこのレバレッジ規制では上記のように株価指数、個別株について述べられていますが、金や原油、大豆などコモディティ(商品)CFDのレバレッジも同様に規制されるのか気になるところです。

金融庁は、金融商品取引法の改正を受けて政令・内閣府令案を公表。

11月16日まで意見を募集し、公布から概ね1年後に施行の予定で、来年からCFDにレバレッジ規制が発動されることとなりそうだ。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
CFD(証拠金差額決済)に関する詐欺事件

CFD(証拠金差額決済)に関する詐欺事件のニュースがあったのでご紹介します。 以 …

no image
CFD取引におけるオーバーナイト金利とは

CFD取引ではオーバーナイト金利という仕組みがあります。 オーバーナイト金利とは …

no image
CFD取引と先物・信用取引の違い

まず、一般的な先物取引とCFD取引の違いは取引期限にあります。先物取引では取引期限が決まっていて、ある一定の期限内に売買を完了する必要がありますが、CFDは業者との相対取引のためこの取引期限を自由に決めることができます。

no image
WITVによるCFD・外国株特集

海外投資専門テレビ「WorldInvestors.TV」(http://worldinvestors.tv/)でCFDを活用した外国株特集が4月10日から放送されます。

no image
CFDの特徴

CFDの特徴としては下記の6点があります。
1.レバレッジを効かすことができる。
2.一つの口座で株から債権、コモディティまで幅広い商品に投資できる。
3.外国株を簡単に売買できる。
4.空売り(ショート)が可能。
5.24時間取引可能。(*24時間取引できない商品もあります)
6.空売り(ショート)で金利が貰える。

no image
CFD取引における価格決定の仕組み

CFD取引は、実際の株式市場(現物)に連動した価格でトレードをしますが、 取引相 …

no image
CFDはFXのように普及するのか

欧米で盛んな差金決済取引(CFD)が、日本の個人投資家にも広がってきた。
外国為替証拠金取引(FX)のように少ない元手でも多額の投資が可能で、インターネット専業証券最大手のSBI証券も参入する今年は「CFD元年」(関係者)という熱気を帯びた声も聞かれる。
一方で、悪質なFX業者のトラブルが多発したことを教訓に、金融庁は投資家保護のための法整備に乗り出した。

no image
ワールドビジネスサテライトで放送されたCFD特集の動画

3月26日のワールドビジネスサテライト(テレビ東京系列)でCFDについて5分以上にわたってその動向や現状について触れられたが、その時の模様がテレビ東京のHPから見れるようになっています。

FuturesJapanによるCFD特集

米「Futures」誌と提携した投資情報誌「Futures Japan 2008 …

no image
新型インフルエンザにのってCFDの豚取引で儲ける

現在、日本のCFD取引業者でコモディティを取り扱っている業者はいくつかあるのですが、その中で豚を扱っているのはCMC Markets Japan、ドットコモディティの2社のみとなっています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*