株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

CMCマーケッツ、携帯CFD取引環境をリリース

      2016/05/31

CMC Markets JapanがCFD取引のモバイル(携帯)環境を7月1日にリリースしました。

モバイル(携帯)版は特別なソフトなどは必要なく、ブラウザー上で動作する仕様となっていて、機能としては

スポンサーリンク

  • お気に入り銘柄を登録する機能
  • ポジション管理機能
  • 注文機能

など基本的なものは揃っています。

CMCマーケッツ CFDモバイル取引

CMC Markets Japan

スポンサーリンク

  関連記事

no image
SBI証券がCFD取引を来週から提供開始

ネット証券大手のSBI証券が2009年3月18日からCFD(差金決済取引)を開始します。
同社は当初昨年12月にCFDを開始する予定でしたが、システム整備などの遅延によりサービス開始を延期していました。

no image
CFD業者 取引ツールを充実へ

ドットコモディティ、インヴァスト証券がCFD取引ツールを現状のリッチクライアント版に加えてモバイル(携帯電話)とWEB(ブラウザ)版を7月にもリリースすることがわかりました。

no image
インヴァスト証券、外為ジャパンとさらにCFD取引からの撤退が続く

先週末インヴァスト証券と外為ジャパン(DMM.com証券)は店頭CFD取引のサー …

岡藤商事が商品CFD29銘柄提供

商品先物を提供する岡藤商事が10月20日から商品専門でCFDサービスを開始するようです。取扱銘柄は原油や金、コーヒーなどコモディティのみで29銘柄。

no image
SVC証券、DMM.com証券に社名変更

サクソバンクをカバー先としてCFDを提供しているSVC證券が7月1日より社名をD …

no image
IG証券(旧FXオンライン)CFDの特徴

IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン))が今週からCFDを開始しました。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン))が提供するCFDの特徴は、日本株の取扱い数が500銘柄と現段階で日本一の取扱数となっている点です。

no image
ひまわりCFDがダウのスプレッドを2.5ポイントに縮小

ひまわり証券のCFD『ひまわりCFD』が、NYダウ平均株価指数とオーストラリアS&P200種株価指数の米国個別株式のスプレッド(売値と買値の差)を縮小します。

商品CFD銘柄一覧のリアルタイム価格表示(CMC Markets)

株から債券、商品(原油、金など)まで幅広い銘柄をCFDで提供しているCMC Ma …

no image
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン) CFDに外国株を4000銘柄追加

今年3月23日にCFDサービスを開始したIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)・ジャパン)は当初、日本株式、米国株式、株価指数、FXなど2500銘柄以上でスタートしましたが、今回新たに欧州を中心に世界22カ国の株式4000銘柄をCFDに新たに追加しました。

no image
東岳証券 証券CFDも提供へ

東岳証券(旧イーストヒル・ジャパン)は、4月6日から証券CFDを開始する。同社はコモディティCFDの老舗であるが、今回新たに証券CFDを提供することで既存の顧客へより幅広い商品を提供することになります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*