株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

日本初 CFDでCO2排出権取引が可能に

      2016/05/31

ドットコモディティが展開するCFD(差金決済取引)にて12月14日からCO2排出権取引が可能になります。

今まで新聞などでCO2排出権取引について触れられることはありましたが、それは企業や法人間での取引が主体でした。

スポンサーリンク

今回ドットコモディティが展開するCFDを用いたCO2排出権取引の開始に伴い、一般個人投資家が簡単にCO2排出権取引をすることが可能となります。

ドットコモディティがCFDで扱うCO2排出権取引の原資産は欧州気候取引所(ECX)で取引されているECX EUA Futuresという先物で3月、6月、9月、12月が限月となっています。

原市場での取引単位は1000メトリックトンですがCFDでの取引単位は100メートルトンとなっていてレバレッジは最大5倍となっています。

仮に排出権CFDの価格が100メートルトンあたり1,300ユーロ、1ユーロ=133円の場合とした場合に必要な投資金額は

34,580円(=1,300ユーロ×1倍×133円×0.2)

となります。

このように我々個人投資家でも気軽にCO2排出権取引が可能となるわけです。

CO2排出権取引に興味がある方は是非挑戦してみてください。

ドットコモディティのHPはこちら

スポンサーリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*