株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

ついに大手証券がCFDに参入

      2016/05/31

大手証券会社の一角、大和証券が10月30日からCFD(差金決済取引)を開始します。

大和証券CFD

スポンサーリンク

ただ、当初取り扱う銘柄が日経225先物だけなので、正直CFDのメリットは殆どありませんし、最大レバレッジも8倍なので、他の業者と比べて特色がありません。

ということで大和証券でCFD取引をするメリットは無いと思いますが、大手証券がCFDに参入したということが重要な意味を持つと思います。

証券CFDに関しては前回の記事でも書いたようにレバレッジ規制が来年から実施されそうな感じなので、CFDが今後さらに普及していくのか注視しています。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
インヴァスト証券 商品CFDのレバレッジを33倍から50倍に

インヴァスト証券は、2009年8月24日(月)より商品CFDのレバレッジを約33倍から最大約50倍に変更します。

no image
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン) 取扱銘柄数No1のCFD業者

現在、日本でCFDを提供している業者の中で取扱銘柄が一番多いのが今回取り上げるIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン))です。

岩井証券もCFDを開始へ

1部上場の岩井証券が2009年9月12日(土)よりCFD(イワイCFD)を開始。
イワイCFDでは、世界主要国の株価指数、株価指数先物、商品直物、商品先物、債券先物を原資産とするCFD銘柄を合計32種用意。

インヴァスト証券、CFDに14銘柄を追加

初心者に人気があるインヴァスト証券のCFDですが、7月6日から新たに14銘柄を追 …

no image
ひまわり証券がCFD対象銘柄に海外ETFを追加

日本で初めてCFD(差金決済)取引を開始したひまわり証券がCFDで売買できる海外ETFを拡充しました。
今回拡充されたETFの中にはショートETF(空売りETF)銘柄もあり、CFDによる投資戦略の幅が広がりそうです。
ショートETFとは通常のETFが対象となっているインデックスに連動して上下するのに対し、対象となっているインデックスが下がるとETFの基準価格が上昇するという物です。

ドットコモディティ 商品CFD専門業者

ドットコモディティはオンライン先物取引口座開設数・お預かり金額No.1を誇る会社で、楽天証券・松井証券・ひまわり証券・オリックス証券など複数の証券会社が出資しています。

no image
CFD、新興国個別株や株価指数が追加されます

CMC Markets Japanが10月6日からCFDの取り扱い商品を増やすみ …

no image
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン) CFDに外国株を4000銘柄追加

今年3月23日にCFDサービスを開始したIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)・ジャパン)は当初、日本株式、米国株式、株価指数、FXなど2500銘柄以上でスタートしましたが、今回新たに欧州を中心に世界22カ国の株式4000銘柄をCFDに新たに追加しました。

ドリームバイザー・ファイナンシャル CFDのシストレ環境を提供

ドリームバイザー・ファイナンシャルが一般顧客向けにCFD(差金決済取引)サービスを開始しました。ドリームバイザー・ファイナンシャルが扱うCFDは株価指数、商品、債権など50銘柄以上。

no image
フェニックス証券がCFDに参入

フェニックス証券が5月中にもCFD(差金決済)取引に参入します。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)ジャパン)を傘下に持つ英大手IGグループからシステムの提供を受け、株価指数やコモディティー関連の銘柄を取り扱う模様です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*