株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

海外FX/CFD業者の口座開設前に確認必須!キャッシュバックサービス

      2014/07/08

一昨年、昨年とFX、CFDのレバレッジ規制によって脚光を浴びた海外のFX/CFD会社。

そんな海外のFX/CFD会社の口座開設前に是非とも知っておきたいサービスがあります。

スポンサーリンク

それがキャッシュバックサービス(ピップバックとも言います)。

キャッシュバックサービスは、取引毎に発生するスプレッド(買値と売値の差=業者の利益)から一定の割合をトレーダーに還元するサービス。

一般的に海外のFX/CFD会社は日本の会社よりスプレッドの幅が広いですが、それは様々な広告費などを含んでいるためと言われています。

さて、海外では一般的なキャッシュバックサービスですが、どれもこれも英語であるため日本人のトレーダーにとっては敷居が高い物となっていました。

そんな中で昨年末に日本語サービスとして誕生したのがFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)です。

ユーザ登録から口座開設など使い方が全て日本語で書かれているため日本人の我々にとって利用しやすくなっています。

口座開設に関しては分からない場合は無料で口座開設の代行までやってくれますので海外のFX/CFD会社を利用してみたい方にとっても敷居は低いです。(口座開設を代行してもらった場合、キャッシュバック率は若干低くなります)

またユーザ登録をすると送られてくるメールには口座開設方法や入出金方法のマニュアルも付随してくるので、自分自身で口座開設する場合でも迷うことは少ないと思います。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)の利用は無料ですので、今後海外のFX/CFD会社を利用してみたいと思っている方はまずは登録だけ済ませておくのもいいでしょう。

こういうサービスはルール変更などに諸事情により新規申込を停止せざるを得ない場合がありますので早めに登録しておいた方がいいというのが管理人の経験です。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)

スポンサーリンク

  関連記事

低スプレッドで人気だった海外FX業者が日本在住者の口座を閉鎖

Pepperstoneが日本在住者の口座開設終了と既存口座の閉鎖を通知 私も以前 …

no image
海外FX業者 金融庁からの要求に従って日本居住者の口座を閉鎖

UWCFX(キプロス)が日本居住者の口座を閉鎖することを発表しています。

海外FX Pepperstone社のスプレッド実態調査

Pepperstoneは海外FX業者の中でもスプレッドが狭いことで日本人トレーダーにも人気があるようですが、実際のスプレッドはどの程度なのか口座を開設して調査してみました。

no image
FX 海外業者の比較表(スプレッド・レバレッジ・日本語対応など)

FXのレバレッジ規制のため最近日本の投資家から注目を集めているFX 海外業者についてレバレッジ、スプレッドなどを比較

no image
海外FX業者 FXDD 口座開設時の注意

FXDDはマルタ共和国に本拠地を持つFX業者。
NHL(北米プロアイスホッケーリーグ)のニューヨーク・レンジャースのオフィシャルパートナーを務め、自動車レース F1のチャンピオンチームであるレッドブルのスポンサーとして北米・欧州で知られ
世界的で非常に利用者が多く日本でも知名度も高くユーザーの多い業者です。

金融庁から警告されている海外FX業者リスト(2012年6月時点)

無登録で金融商品取引を行なっているとして金融庁が警告書を出している海外FX業者に関して6月に対象業者が追加されています。

no image
確定申告 | 海外FXの税金は総合課税

先週から確定申告が始まりましたね。 私も今確定申告書を作成しているところですが、 …

口座残高に金利6%!独自サービスを展開するFX会社

なんと取引しなくても年利6%もの金利が毎月獲得できるFX会社があります。
世界中のFXブローカーでも例をみない、
業界最大!1,000倍のレバレッジ!
小資本で大きなFX取引が可能です!!
★6%の金利!!
取引しなくてもなんと年利6%の金利を毎月獲得!!
★豊富なボーナス!!
初回入金ボーナス(Welcome)や入金ごとのボ ーナスなど、
入金額に対して、最大30%までのボーナス!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*