株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

FX会社毎に公表された利益出してる人の割合をみて思うこと

   

FXに関する情報サイト「フォレックス・マグネイト」がアメリカの2014年第2四半期における一般投資家がどれだけの割合で利益を出しているかを発表。

それが下の図になります。

スポンサーリンク

2014-2q-fxprofit

この図は、アメリカのFX業者毎に、それぞれの顧客がFXで利益を上げている投資家と損失を出している投資家の割合を示しているわけですが、

見てもらえれば分かるように、FXで利益を上げている投資家の割合はすべてのFX業者の平均を取ると37.9%と4割にも満たない状況で、即ち6割の投資家は損をしているということになります。

MBトレーディング社なんかは7割もの投資家が損を出してます。

日本のデータではなくアメリカのデータではありますが、こういうデータを見ていると如何にFXで利益を上げ続けるのが難しいかを理解できると思います。

このような状況は今に始まったことではなく、ずっと続いているものでFXという投資商品はそういう物だということを理解したうえで利用する必要があるわけです。

こういうデータがあるということは、ミラートレーダーやMT4で自動売買を行っている投資家など投資手法毎の利益率・損失率も分かっていると思うので、そういうデータも見てみたいですねー

スポンサーリンク

  関連記事

イニシア・スター証券 顧客資産を運転資金に流用

金融庁は昨日(2012年12月5日)、外国為替証拠金取引(FX)や投資ファンドなど手掛けるイニシア・スター証券に金融商品取引法違反が認められたとして、同日付で金融商品取引業の登録を取り消したと発表した。

no image
レバレッジ規制でも増加

J-CASTニュースによると2010年の店頭FXの全通貨ペア合計の取引金額は2116兆円となり、前年に比べて4.7%増加したとのこと。

no image
FXClearing社が取引損失分をキャッシュバック

FXClearing社は先月まで損失を100%払い戻すというユニークなキャンペーンを実施していました。

no image
FXレバレッジ規制で小口投資家の売買高が50%減

岡三オンライン証券の調べによると、FXレバレッジ規制で小口投資家の売買高が50%減

アフィリエイト広告禁止で揺れるFX業界

レバレッジ規制によって経営にダメージを受けている会社がある中、さらにFX会社の経営にダメージを与えそうなのがアフィリエイトの禁止である。

no image
FXキャッシュバックサイトがユーザ登録で5000円プレゼント

海外FXの取引でキャッシュバックを受けられるサービスを行なっているFinalCashBackは、5月15日から5月31日までの期間内に特定サイト(当サイト含む)からユーザ登録した人に対して5000円をプレゼントキャンペーンを開始しました。

不可能だったFXDD追加口座でのキャッシュバックがついに可能に

これまでFXDDにおける取引毎のキャッシュバックは1つ目の口座(海外のFX口座は …

FX会社別年間取引高ランキング(2011年)

矢野経済研究所が調査した13社のFX会社の中で2011年、年間で一番取引高が多いFX会社はDMM.com証券となった。

no image
撤退・事業譲渡が相次ぐFX業界

2012年は証券会社やFX業者などがFX業界からの撤退、もしくは事業譲渡が相次いで発表されています。

【最新版】金融庁から警告されている海外FX・バイナリーオプション業者リスト

金融庁から金融商品取引業として日本に無登録で日本人相手にFXやバイナリーオプショ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*