株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

FXキャッシュバックサイトがユーザ登録で5000円プレゼント

      2014/07/08

海外FXの取引でキャッシュバックを受けられるサービスを行なっているFinalCashBackは、5月15日から5月31日までの期間内に特定サイト(当サイト含む)からユーザ登録した人に対して5000円をプレゼントキャンペーンを開始しました。

ただ、単純にユーザ登録しただけでは5000円はプレゼントされず、ユーザ登録後に以下の手順を踏んで6月中の取引で5000円分のキャッシュバックをファイナルキャッシュバックから受けた方が対象になるとのことです。

スポンサーリンク

注意)今回のキャンペーンは当サイトを含め特定のサイトからのユーザ登録でのみ受けられるキャンペーンとなっています。googleなどで検索してFinalCashBackのサイトを訪れて、そこでユーザ登録しても対象にはなりませんので注意してください。

口座開設するFX会社ですが、個人的にはFXClearingがおススメです。

なぜかというとFXClearingは現在損失100%補填キャンペーンを行なっているからです。

これは例えばFX取引で100ドル失った場合、少なくても同じ金額以上の資金を入金をして頂ければ即座に損失分を払い戻すサービスです。(但し、トレーダー1人当たり上限が3000ドル(約24万円)となっています)

これで取引を行えば仮にFX取引で損失を出しても、損失を軽減できますし、更にFinalCashBackからはキャッシュバックが受けられるという2重のメリットがありそうですね。

① 5/15~5/31:当サイト経由でユーザー登録する
② 6/1~6/30:キャッシュバック口座で取引する

ユーザ登録したFinalCashBackからFX口座を開設し、その口座でFX取引をする。

③ 7/16:6月分のキャッシュバック金額を確認

マイアカウントで6月分のキャッシュバック金額を確認する。

④ 7/16~7/31:プレゼントの受取り申請を行う

6月分のキャッシュバック金額が5,000円以上だったら、プレゼント受取り窓口から現金5,000円の受取り申請を行う。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
新トップレベルドメイン .cfdや.forexといった投資系も申請される

先週「.com」「.net」といった見慣れたトップレベル・ドメインを認定したり管理規則を定めている組織であるICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)が.toyotaや.panasonicといった新しい一般トップレベル・ドメイン(gTLD)の申請1930件を公表しました。

【最新版】金融庁から警告されている海外FX・バイナリーオプション業者リスト

金融庁から金融商品取引業として日本に無登録で日本人相手にFXやバイナリーオプショ …

FX会社毎に公表された利益出してる人の割合をみて思うこと

FXに関する情報サイト「フォレックス・マグネイト」がアメリカの2014年第2四半 …

no image
レバレッジ規制でも増加

J-CASTニュースによると2010年の店頭FXの全通貨ペア合計の取引金額は2116兆円となり、前年に比べて4.7%増加したとのこと。

no image
キプロスの預金口座封鎖(口座凍結)で海外FX会社業者が倒産も

深夜に大きなニュースが入って来ました。 キプロス政府が2013年3月16日、全銀 …

FXトレーダーの7割が損を出しているというデータ

下の図は2012年第1四半期におけるアメリカのFX業者口座数と顧客(投資家/トレーダー)が利益をあげている率と損をしている率をあらわしたもの。

no image
FXClearing社が取引損失分をキャッシュバック

FXClearing社は先月まで損失を100%払い戻すというユニークなキャンペーンを実施していました。

no image
2011年店頭FX年間売買高は2010年比で約20%減

金融先物取引業協会が2012年1月18日に発表した情報によると、2011年の店頭FX(外国為替証拠金取引)売買高は、2010年と比べて19.6%減の1702兆7478億円となり、2008年以来3年ぶりの低水準となった。

イニシア・スター証券 顧客資産を運転資金に流用

金融庁は昨日(2012年12月5日)、外国為替証拠金取引(FX)や投資ファンドなど手掛けるイニシア・スター証券に金融商品取引法違反が認められたとして、同日付で金融商品取引業の登録を取り消したと発表した。

no image
撤退・事業譲渡が相次ぐFX業界

2012年は証券会社やFX業者などがFX業界からの撤退、もしくは事業譲渡が相次いで発表されています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*