株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

FXClearing社が取引損失分をキャッシュバック

      2013/09/13

FXClearing社は先月まで損失を100%払い戻すというユニークなキャンペーンを実施していました。

 

これは、例えば100ドル入金してその資金を失ってしまった場合、100ドル以上入金すると損失分を取り戻す事ができるというもの。

スポンサーリンク

 

それも一回だけではなく、1人当たり3000ドルであれば、何回でも損失分を取り戻すことができることになっていた。

 

もちろん諸条件があり、損失分の払い戻しを受けた後直ぐには出金できないようなルールになっていて、何回かの取引がなされた後でなければ出金しても損失分の払い戻し分のお金は出金額に含まれないという制約があった。

 

海外のFX会社では入金時の特典として入金額の何割かをボーナスとしてお金を付与し、取引を促進しようとするのがどこでも行われているが、日本では取引をした後ではないとキャッシュバックは得られないし、それも数千円~から1万円ぐらいで大した金額では無い。

 

FXClearing社が行ったようなユニークな宣伝手法を日本のFX業者にも是非検討してもらいたいところ。

 

もしFXClearingに口座を開設する場合は、キャッシュバックサイトを利用して口座開設しましょう。

そうしないと取引毎のキャッシュバックが得られないので、日本に比べて高いスプレッドをそのまま負担することになります。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
FXレバレッジ規制で小口投資家の売買高が50%減

岡三オンライン証券の調べによると、FXレバレッジ規制で小口投資家の売買高が50%減

アフィリエイト広告禁止で揺れるFX業界

レバレッジ規制によって経営にダメージを受けている会社がある中、さらにFX会社の経営にダメージを与えそうなのがアフィリエイトの禁止である。

【最新版】金融庁から警告されている海外FX・バイナリーオプション業者リスト

金融庁から金融商品取引業として日本に無登録で日本人相手にFXやバイナリーオプショ …

no image
大手FX会社のサイバーエージェントFXをヤフーが買収

口座数が21万と業界4位、月間取引高は約12兆円で3位(矢野経済研究所調べ)の規模を誇るサイバーエージェントFXがヤフーに売却されることが発表されました。

no image
新トップレベルドメイン .cfdや.forexといった投資系も申請される

先週「.com」「.net」といった見慣れたトップレベル・ドメインを認定したり管理規則を定めている組織であるICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)が.toyotaや.panasonicといった新しい一般トップレベル・ドメイン(gTLD)の申請1930件を公表しました。

イニシア・スター証券 顧客資産を運転資金に流用

金融庁は昨日(2012年12月5日)、外国為替証拠金取引(FX)や投資ファンドなど手掛けるイニシア・スター証券に金融商品取引法違反が認められたとして、同日付で金融商品取引業の登録を取り消したと発表した。

FXトレーダーの7割が損を出しているというデータ

下の図は2012年第1四半期におけるアメリカのFX業者口座数と顧客(投資家/トレーダー)が利益をあげている率と損をしている率をあらわしたもの。

no image
撤退・事業譲渡が相次ぐFX業界

2012年は証券会社やFX業者などがFX業界からの撤退、もしくは事業譲渡が相次いで発表されています。

no image
FX初心者はチェック 主要15社スプレッド・スワップ金利比較

国内FX業者の中で主要15社をピックアップしてスプレッド、スワップ金利、最低取引 …

不可能だったFXDD追加口座でのキャッシュバックがついに可能に

これまでFXDDにおける取引毎のキャッシュバックは1つ目の口座(海外のFX口座は …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*