株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

不可能だったFXDD追加口座でのキャッシュバックがついに可能に

      2014/07/08

これまでFXDDにおける取引毎のキャッシュバックは1つ目の口座(海外のFX口座は複数開設できることがあります)を開設する際にキャッシュバックサイト経由での申込が必須で、1つの目の口座をFXDDの公式サイトなどキャッシュバックサイト以外を経由して開設してしまっていた場合は、それ以降キャッシュバックを受けることが出来ず、泣く泣くFXDDでの取引を諦め、キャッシュバックを受けたいために他のFX会社を利用していたトレーダーも多いと思います。

実際私もFXDDの口座を作る時にはキャッシュバックサイトの存在を知らずFXDDの公式サイトから申し込んで開設してしまったため、キャッシュバックが受けられないため、他の会社で取引をしていました。

スポンサーリンク

それが9月1日から追加口座でもキャッシュバックが受けられるようについになりました!

FXDDの追加口座でも取引毎のキャッシュバックを受けられるようになったキャッシュバックサイトは今のところFinalCashBackのみ。

FXDDで取引しているトレーダーはもちろん、これまでキャッシュバック不可なのでFXDDで取引していなかったトレーダーもこれを機にキャッシュバックを受けられるようにして取引コストを下げてお金が増えるようにしましょう。

尚、キャッシュバックを受けるにはFinalCashBackでユーザ登録が必要です。

キャッシュバック率は1つ目の口座と同等で1往復取引毎に0.75pipがキャッシュバックされます。

FXDD追加口座で取引キャッシュバック可能に

また追加口座も全ての口座で追加口座がキャッシュバックに対応してくれる訳ではなく、MT4(メタトレーダー4)口座とSwordfish(ソードフィッシュ)口座が追加口座でキャッシュバックが受けられることになっていてVikingTrader口座については追加口座ではキャッシュバックを受けられませんので注意して下さい。

※MTX口座は元々キャッシュバック非対応口座

スポンサーリンク

  関連記事

横浜の神奈川大学近くにFXが学べる居酒屋「Forex」が誕生

神奈川県横浜の横浜上麻生道路に面した場所に、FX(外国為替)を学べる立ち飲み居酒 …

no image
撤退・事業譲渡が相次ぐFX業界

2012年は証券会社やFX業者などがFX業界からの撤退、もしくは事業譲渡が相次いで発表されています。

アフィリエイト広告禁止で揺れるFX業界

レバレッジ規制によって経営にダメージを受けている会社がある中、さらにFX会社の経営にダメージを与えそうなのがアフィリエイトの禁止である。

no image
2011年店頭FX年間売買高は2010年比で約20%減

金融先物取引業協会が2012年1月18日に発表した情報によると、2011年の店頭FX(外国為替証拠金取引)売買高は、2010年と比べて19.6%減の1702兆7478億円となり、2008年以来3年ぶりの低水準となった。

FX攻略.comキャンペーン
FX(外国為替証拠金取引)の専門雑誌で電子書籍で買えるのは

FX(外国為替証拠金取引)専門雑誌は「FX攻略.com」、「FXストラテジー・プ …

FXトレーダーの7割が損を出しているというデータ

下の図は2012年第1四半期におけるアメリカのFX業者口座数と顧客(投資家/トレーダー)が利益をあげている率と損をしている率をあらわしたもの。

no image
大手FX会社のサイバーエージェントFXをヤフーが買収

口座数が21万と業界4位、月間取引高は約12兆円で3位(矢野経済研究所調べ)の規模を誇るサイバーエージェントFXがヤフーに売却されることが発表されました。

no image
FXキャッシュバックサイトがユーザ登録で5000円プレゼント

海外FXの取引でキャッシュバックを受けられるサービスを行なっているFinalCashBackは、5月15日から5月31日までの期間内に特定サイト(当サイト含む)からユーザ登録した人に対して5000円をプレゼントキャンペーンを開始しました。

no image
レバレッジ規制でも増加

J-CASTニュースによると2010年の店頭FXの全通貨ペア合計の取引金額は2116兆円となり、前年に比べて4.7%増加したとのこと。

no image
新トップレベルドメイン .cfdや.forexといった投資系も申請される

先週「.com」「.net」といった見慣れたトップレベル・ドメインを認定したり管理規則を定めている組織であるICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)が.toyotaや.panasonicといった新しい一般トップレベル・ドメイン(gTLD)の申請1930件を公表しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*