株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

IGマーケッツ証券(旧FXオンライン) 取扱銘柄数No1のCFD業者

      2016/05/31

現在、日本でCFDを提供している業者の中で取扱銘柄が一番多いのが今回取り上げるIG証券です。

IG証券(旧FXオンライン)は、FXの業者として知られていますが、イギリスのCFD大手IG marketsと業務提携し(IG marketsが約250億円を投じて資本提携)たことでCFDのサービスが可能となり、2009年3月からCFDを開始しています。

スポンサーリンク

IG証券(旧FXオンライン)が提供するCFDでは株価指数はもちろん、日本・海外の個別株、原油やガソリンなどの商品、金・銀などの貴金属もCFDで提供しているトータルプロバイダーです。

IG証券CFDの特徴

  • 取扱銘柄7000以上!
  • 日本個別株の取扱が唯一500銘柄以上
  • CFDで唯一ギャランティストップ注文(指定レートで決算)が可能
  • 日本で唯一バイナリーオプションが利用可能
  • Trading Centralというフランスの分析会社による自動分析システムを使って、チャートが1週間どういう値動きをしたのか、把握することができ、スターウォーズのヨーダのような日本語で伝えてくれる

IG証券(旧FXオンライン)のHPはこちら

スポンサーリンク

  関連記事

ドリームバイザー・ファイナンシャル CFDのシストレ環境を提供

ドリームバイザー・ファイナンシャルが一般顧客向けにCFD(差金決済取引)サービスを開始しました。ドリームバイザー・ファイナンシャルが扱うCFDは株価指数、商品、債権など50銘柄以上。

no image
CFD取扱銘柄数調査でIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)が第一位に輝く

IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)・ジャパン(以下、IGマーケッツ証券(旧FXオンライン))は24日、市場調査会社によるCFD(差金決済取引)における銘柄数調査において、銘柄数合計のランキングで第1位(7,309銘柄)を獲得したと発表した。

no image
フェニックス証券がCFDに参入

フェニックス証券が5月中にもCFD(差金決済)取引に参入します。
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)Japan(IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)ジャパン)を傘下に持つ英大手IGグループからシステムの提供を受け、株価指数やコモディティー関連の銘柄を取り扱う模様です。

no image
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン) ソフトコモディティとCO2排出権取引CFDを追加

CFD取扱銘柄で国内No1を誇るIGマーケッツ証券(旧FXオンライン)が、これまで取扱分野として弱かった農産物(ソフトコモディティ)分野の銘柄としてココア、小麦、コーヒー、オレンジジュース、生牛など23銘柄を新たに取扱を開始

no image
インヴァスト証券 商品CFDのレバレッジを33倍から50倍に

インヴァスト証券は、2009年8月24日(月)より商品CFDのレバレッジを約33倍から最大約50倍に変更します。

ついに大手証券がCFDに参入

大手証券会社の一角、大和証券が10月30日からCFD(差金決済取引)を開始します。
ただ、当初取り扱う銘柄が日経225先物だけなので、正直CFDのメリットは殆どありませんし、最大レバレッジも8倍なので、他の業者と比べて特色がありません。

楽天証券 12月からCFDを開始

楽天証券が12月からCFDを開始すると発表しました。最近CFDに参入する業者の多くは商品先物系だったため提供されるCFDの銘柄もコモディティが殆どでしたが、今回の楽天証券CFDは久しぶりに個別株も提供する業者の参入となります。

no image
CFD、新興国個別株や株価指数が追加されます

CMC Markets Japanが10月6日からCFDの取り扱い商品を増やすみ …

no image
フェニックス証券がCFD取引サービスを開始

フェニックス証券が、9月18日よりCFD取引「ActiveZero NEO(アクティブ・ゼロ ネオ)」サービスを開始しました。

no image
ひまわり証券がCFD対象銘柄に海外ETFを追加

日本で初めてCFD(差金決済)取引を開始したひまわり証券がCFDで売買できる海外ETFを拡充しました。
今回拡充されたETFの中にはショートETF(空売りETF)銘柄もあり、CFDによる投資戦略の幅が広がりそうです。
ショートETFとは通常のETFが対象となっているインデックスに連動して上下するのに対し、対象となっているインデックスが下がるとETFの基準価格が上昇するという物です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*