株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

イニシア・スター証券、CFDの取扱検討中

      2013/12/01

モンゴル投資ファンドラブホテル投資ファンドなど、他とは違った投資商品を開発・販売しているイニシア・スター証券が今度CFDを取り扱うと自社のブログで発表しています。

イニシア・スター証券は昨年9月に東京に世界的な投資家であるジム・ロジャーズ氏を迎えてセミナーを開催し、500名もの投資家を集めました。

スポンサーリンク

この時はジムは資源・穀物などコモディティへの投資について有望だと話していたのですが、セミナー主催者のイニシア・スター証券ではコモディティに投資する商品を持っていなかったので、多くのお客さんを逃してしまったと考えられます。

そういう反省も踏まえ、今回CFDを提供することで、コモディティに投資可能な商品を提供することになるんだと思います。

追記:

イニシア・スター証券はその後倒産しています。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
ひまわり証券CFD、カバー先をサクソバンクからCMCに変更

日本で最初にCFD取引サービスを開始したひまわり証券。 2005年のサービス開始 …

no image
サクソバンクFX(SAXO BANK)がCFD開始

日本法人であるサクソバンクFX社は昨年日本の投資家向けにもサービスを開始しましたが、2010年7月5日からCFDも開始しました。

no image
IG証券 FX/CFD教育コースを提供

IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)・ジャパンが8月3日付でFX/CFDビギナーの方を対象に開発された教育ツール「トレードセンス」をリリースしました。

no image
CFD業者 取引ツールを充実へ

ドットコモディティ、インヴァスト証券がCFD取引ツールを現状のリッチクライアント版に加えてモバイル(携帯電話)とWEB(ブラウザ)版を7月にもリリースすることがわかりました。

no image
ひまわり証券がCFD対象銘柄に海外ETFを追加

日本で初めてCFD(差金決済)取引を開始したひまわり証券がCFDで売買できる海外ETFを拡充しました。
今回拡充されたETFの中にはショートETF(空売りETF)銘柄もあり、CFDによる投資戦略の幅が広がりそうです。
ショートETFとは通常のETFが対象となっているインデックスに連動して上下するのに対し、対象となっているインデックスが下がるとETFの基準価格が上昇するという物です。

no image
月曜日早朝にどこよりも早く取引ができるFX会社

月曜日の取引開始はFX会社によって異なっていて大半は東京市場が動く午前7時からなんですが、午前3時から取引を行なっている会社があります。(夏時間・冬時間によって異なります)

no image
プロテックスオフィス 商品CFDをスタート

プロテックスオフィスは4月より金・銀のCFD取引サービスを開始します。
カバー先はSAXO BANKとなっています。

no image
SBI証券とオリックス証券がCFDに参入⇒現在は撤退

12月中旬からSBI証券とオリックス証券がCFD取引を開始するようです。
ネット証券大手のSBI証券が参入することでCFDがFX同様に拡大することが期待される。
現在、国内ではひまわり証券、CMC Markets Japan、SVC証券、東岳証券がCFDを提供している。 SBI証券とオリックス証券のCFD手数料はまだ発表されていないが、オリックス証券のCFDでは下記の商品を扱うということをプレスリリースしている。

商品CFD銘柄一覧のリアルタイム価格表示(CMC Markets)

株から債券、商品(原油、金など)まで幅広い銘柄をCFDで提供しているCMC Ma …

no image
インヴァスト証券、外為ジャパンとさらにCFD取引からの撤退が続く

先週末インヴァスト証券と外為ジャパン(DMM.com証券)は店頭CFD取引のサー …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*