株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

豊島逸夫氏による金相場のお話(日経マネーナイト)

      2015/02/14

24日(金)の夜はベルサール渋谷ファーストにて開催された日経マネーナイトにいってきました。

 

内藤忍さん、石田和靖さん、藤沢久美さん、澁澤健さん、豊島逸夫さんがそれぞれの分野でお話をされました。

スポンサーリンク

今回はその中で最近価格上昇が続いている金の専門家である豊島逸夫さんのお話について個人的になるほど!と思った点が多かったので以下に紹介します。。

尚、豊島逸夫氏は元々スイス銀行の外国為替貴金属部門のトレーダーとして12年間働いた経験持っており、現在は世界の主要金鉱山会社によって構成される非営利団体「ワールド ゴールド カウンシル」の日韓地域代表を努めている。

豊島逸夫氏による金相場のお話まとめ

  • この12年間で少なくとも3000回以上は相場を張って戦績は約1600勝/1400敗だった。
  • ここ最近の金の上昇について豊島氏はなぜ価格が上昇しているかという質問に対してお金を刷り過ぎたことが要因。
  • 金は有限な物だが、お金は刷れる。度重なる量的緩和によってお金が刷られている。
  • メディアでは良く金は安全資産だと解説されているためか元本保証だと誤解を招いている。
  • 金はSafe Haven Assetと言われるが、日本ではこの金はHaven(港)の部分が欠落して伝わってしまっている。
  • ここ最近金価格が上昇しているためか、FXや株でやられたから、金で取り戻そう、とする人がいる。
  • 駆け込み寺のようになっている。駆け込み寺だっていつ火事になるか分からない。
  • 有事の金は買いと良く報道されているが、イラク戦争の時に、開戦と同時に金の価格が下がった。
  • 半年前からユダヤ系のトレーダが開戦必至と買い溜めていた。
  • 開戦と共に、利益確定の売りに走った。そのトレーダーはロイターなどメディアへのインタビューで、「有事の金は買い」と話していた。これが俗にいう「ポジショントーク」彼らは噂で買って、ニュース(事実)で売っている。

以上。

金への投資は現物からCFDを使った先物取引、ETFなど選択肢はここ数年広がっていますね。

 

スポンサーリンク

  関連記事

no image
CFDに原油・金などコモンディティが登場

CMC Markets Japanは15日から下記表に記載されているコモンディテ …

穀物・エネルギー相場の上昇に対するヘッジ

穀物・エネルギー価格が昨年末に比べて上昇しています。 農地確保、途上国に照準 中 …

CFDで原油に投資 WTI原油6か月半ぶりの高値

2009年5月27日のニューヨーク商業取引所の原油先物相場は続伸し、国際指標となるテキサス産軽質油(WTI、7月渡し)の終値は前日比1ドルちょうど高の1バレル=63・45ドルと2008年11月上旬以来、6か月半ぶりの高値をつけた。

no image
ニューヨーク証券取引所ディレクター来日特別セミナー

NYSE LiffeのDirectorがヨーロッパから来日し、コーヒー・シュガーなどのソフト市場を楽しく詳しく解説してくれる、お食事・特典つきの特別イベントが開催決定。

ジム・ロジャーズ、商品市場でカカオ、原油、金、銀を有望視

米著名投資家のジム・ロジャーズ氏はこのほど、「銀行に預金する人や株式に投資する人はいるが、商品市場に目を向ける人は少ない。不幸なことだ」と述べた。

綿・砂糖・コーヒーの取引価格が上昇中

CFDの登場によって簡単に取引できるようになった海外先物市場で綿・砂糖・コーヒーの取引価格が上昇中

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*