株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

イニシア・スター証券 顧客資産を運転資金に流用

      2015/11/28

金融庁は2012年12月5日、外国為替証拠金取引(FX)や投資ファンドなど手掛けるイニシア・スター証券に金融商品取引法違反が認められたとして、同日付で金融商品取引業の登録を取り消したと発表した。

証券取引等監視委員会の検査で、顧客資産を運転資金に流用していたことが認められたためである。

スポンサーリンク

また、預金勘定に2億1400万円と計上していたものの、実際には1400万円しか残高がなく、純資産が基準を大きく下回り、支払い不能に陥るおそれがあることも分かった。

ソース:http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/kinshotorihou/9814syobun241205.pdf

レジャーホテルファンドで名を馳せたイニシア・スター証券

イニシア・スター証券はレジャーホテルファンド(通称:ラブホ・ファンド)が一部投資家に注目され、その後第一種金融商品取引業の登録を得てからは店頭デリバティブ取引(CFD、FX)を手がけてきた。

最近ではアイドルに投資するファンドなどを立ちあげるなど、他の証券会社とは一線を画する会社であったが、先のラブホ・ファンドなどでも投資家とのトラブルが発生するなど決して評判の良い会社ではなかった。

また、9月にはFX事業をフォレックスクラウン社に譲渡することになっていたが、これもイニシア・スター証券側の問題により延期となっていた。

恐らく今回の行政処分と関係あるのではないかと思われる。

尚、今回金融商品取引業の登録を取り消されたことで実質営業活動はできなくなり、尚且つ資金難から会社の命運は風前の灯火といった状態と想像される。

スポンサーリンク

  関連記事

FXトレーダーの7割が損を出しているというデータ

下の図は2012年第1四半期におけるアメリカのFX業者口座数と顧客(投資家/トレーダー)が利益をあげている率と損をしている率をあらわしたもの。

no image
FXキャッシュバックサイトがユーザ登録で5000円プレゼント

海外FXの取引でキャッシュバックを受けられるサービスを行なっているFinalCashBackは、5月15日から5月31日までの期間内に特定サイト(当サイト含む)からユーザ登録した人に対して5000円をプレゼントキャンペーンを開始しました。

【最新版】金融庁から警告されている海外FX・バイナリーオプション業者リスト

金融庁から金融商品取引業として日本に無登録で日本人相手にFXやバイナリーオプショ …

FX会社毎に公表された利益出してる人の割合をみて思うこと

FXに関する情報サイト「フォレックス・マグネイト」がアメリカの2014年第2四半 …

横浜の神奈川大学近くにFXが学べる居酒屋「Forex」が誕生

神奈川県横浜の横浜上麻生道路に面した場所に、FX(外国為替)を学べる立ち飲み居酒 …

no image
キプロスの預金口座封鎖(口座凍結)で海外FX会社業者が倒産も

深夜に大きなニュースが入って来ました。 キプロス政府が2013年3月16日、全銀 …

no image
大手FX会社のサイバーエージェントFXをヤフーが買収

口座数が21万と業界4位、月間取引高は約12兆円で3位(矢野経済研究所調べ)の規模を誇るサイバーエージェントFXがヤフーに売却されることが発表されました。

no image
FXレバレッジ規制で小口投資家の売買高が50%減

岡三オンライン証券の調べによると、FXレバレッジ規制で小口投資家の売買高が50%減

no image
レバレッジ規制でも増加

J-CASTニュースによると2010年の店頭FXの全通貨ペア合計の取引金額は2116兆円となり、前年に比べて4.7%増加したとのこと。

no image
撤退・事業譲渡が相次ぐFX業界

2012年は証券会社やFX業者などがFX業界からの撤退、もしくは事業譲渡が相次いで発表されています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*