株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

穀物・エネルギー相場の上昇に対するヘッジ

      2014/12/30

穀物・エネルギー価格が昨年末に比べて上昇しています。

農地確保、途上国に照準 中韓・湾岸諸国、食料高騰に備え(産経新聞)

スポンサーリンク

昨年8月に147ドルという高値を記録したWTI原油はその後12月に32ドルまで1/4以下に急落しましたが、現在は70ドル近と安値から2倍以上に上昇。

WTI原油価格チャート

シカゴ市場の大豆も原油と同じように昨年8月に高値を付けた後、昨年末まで急落し、今年に入ってからは大きく上昇しています。

シカゴ大豆価格チャート

このように穀物・エネルギー相場が上昇しているため、食料品やガソリン価格も上昇傾向にあります。

食料品やガソリン代が上げれば実際の生活に影響が出てきますが、これに対してだた指をくわえて見ていても仕方がありません。

一般の人がここで出来ることと言えば、節約や商品への投資によるリスクのヘッジだと思います。

ただ、商品への投資というのは過去の悪いイメージが中々抜けない感がありますし、そもそも流動性が低い日本市場に対してしかこれまでは簡単にアクセスする手段がありませんでした。

しかし、昨今取り上げられることが多くなったCFD(差金決済取引)を用いることで海外のコモディティ市場へ簡単に投資することが可能になりました。

また、CFDならば日本の商品先物よりもレバレッジを効かせることも可能なので少ない資金で投資することも可能です。※もちろんその分リスクもあります。

下の画像はCFD取引ソフト(CMCマーケッツジャパン)でコモディティ価格がリアルタイム価格で更新されている模様をキャプチャーしたものです。

cmc_comodity_image.jpg

スポンサーリンク

  関連記事

ジム・ロジャーズ、商品市場でカカオ、原油、金、銀を有望視

米著名投資家のジム・ロジャーズ氏はこのほど、「銀行に預金する人や株式に投資する人はいるが、商品市場に目を向ける人は少ない。不幸なことだ」と述べた。

豊島逸夫氏による金相場のお話(日経マネーナイト)

24日(金)の夜はベルサール渋谷ファーストにて開催された日経マネーナイトにいってきました。

no image
CFDに原油・金などコモンディティが登場

CMC Markets Japanは15日から下記表に記載されているコモンディテ …

CFDで原油に投資 WTI原油6か月半ぶりの高値

2009年5月27日のニューヨーク商業取引所の原油先物相場は続伸し、国際指標となるテキサス産軽質油(WTI、7月渡し)の終値は前日比1ドルちょうど高の1バレル=63・45ドルと2008年11月上旬以来、6か月半ぶりの高値をつけた。

no image
ニューヨーク証券取引所ディレクター来日特別セミナー

NYSE LiffeのDirectorがヨーロッパから来日し、コーヒー・シュガーなどのソフト市場を楽しく詳しく解説してくれる、お食事・特典つきの特別イベントが開催決定。

綿・砂糖・コーヒーの取引価格が上昇中

CFDの登場によって簡単に取引できるようになった海外先物市場で綿・砂糖・コーヒーの取引価格が上昇中

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*