株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

SBI証券とオリックス証券がCFDに参入⇒現在は撤退

      2016/05/31

12月中旬からSBI証券とオリックス証券がCFD取引を開始するようです。

ネット証券大手のSBI証券が参入することでCFDがFX同様に拡大することが期待される。

スポンサーリンク

現在、国内ではひまわり証券、CMC Markets JapanなどがCFDを提供している。 SBI証券とオリックス証券のCFD手数料はまだ発表されていないが、オリックス証券のCFDでは下記の商品を扱うということをプレスリリースしている。

国内のCFD取引を提供している上記の4社のうちひまわり証券とSVC證券はSAXO Bankのシステムを利用しているが金や原油などのコモディティは取り扱っていないため、オリックス証券はもしかしたらGFTのシステムを利用するのかもしれません。

オリックスCFD取扱商品:

日経225、ダウ工業株30種平均、ナスダック総合指数など各国の主要株価指数先物・金、WTI原油先物などの商品先物・主要市場の個別株、ETF SBI証券とオリックス証券のCFDサービス提供に関するプレスリリース↓

http://www.orix-sec.co.jp/press/2008/081029_1.html http://www.sbigroup.co.jp/news/group/2008/1029_c.html

スポンサーリンク

  関連記事

no image
プロテックスオフィス 商品CFDをスタート

プロテックスオフィスは4月より金・銀のCFD取引サービスを開始します。
カバー先はSAXO BANKとなっています。

no image
オリックス証券 債権CFDと商品CFDを追加

オリックス証券が4月13日より債権CFDと商品CFDの取扱いを開始します。 債権 …

no image
SVC証券、DMM.com証券に社名変更

サクソバンクをカバー先としてCFDを提供しているSVC證券が7月1日より社名をD …

no image
ドットコモディティがCFDに参入

オンライン専業商品取引会社として口座開設数・預かり資産No1のドットコモディティが4月から商品CFDに参入すると発表しました。

no image
ひまわり証券がCFD対象銘柄に海外ETFを追加

日本で初めてCFD(差金決済)取引を開始したひまわり証券がCFDで売買できる海外ETFを拡充しました。
今回拡充されたETFの中にはショートETF(空売りETF)銘柄もあり、CFDによる投資戦略の幅が広がりそうです。
ショートETFとは通常のETFが対象となっているインデックスに連動して上下するのに対し、対象となっているインデックスが下がるとETFの基準価格が上昇するという物です。

no image
CFDの口座数推移はこんな感じになっている

2009年12月時点でのCFD口座数は以下のようになっている。

no image
ひまわりCFDがダウのスプレッドを2.5ポイントに縮小

ひまわり証券のCFD『ひまわりCFD』が、NYダウ平均株価指数とオーストラリアS&P200種株価指数の米国個別株式のスプレッド(売値と買値の差)を縮小します。

no image
オリックス証券 CFD取引を4月で終了

2010年5月にマネックス証券と合併することになっているオリックス証券ですが、オリックス証券が扱っているCFD取引サービスを4月17日をもって終了することを発表しました。

no image
CFDについて証券会社の方と飲みながら意見交換

昨日は、東京銀座にてCFDを国内で最初に開始したひまわり証券の前嶋さんと、CFDの世界的パイオニアであるCMC Marketsの平さんとお酒を飲みながらCFDについて色々とお話させて頂きました。

岡藤商事が商品CFD29銘柄提供

商品先物を提供する岡藤商事が10月20日から商品専門でCFDサービスを開始するようです。取扱銘柄は原油や金、コーヒーなどコモディティのみで29銘柄。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*