株式版FX CFDを解説

CFDとFXトレードのブログ。西原宏一さんの有料メルマガを使ってのFXトレード検証や各FX会社のミラートレーダーの検証及びその他自動売買ソフトを実際に使ってみた実体験に基づく体験談を掲載していきます。

WTI原油ETFとCFDのWTI原油取引を比較

      2015/01/27

photo credit: ksbuehler via photopin cc

来月上場するWTI原油WTFについては以前紹介しましたが、原油を対象とした投資をする上でCFDと比較検証してみました。

最低投資金額で比較・検証

CFDでWTI原油を取引するために必要な資金は2万円~6万円。(※CFD業者のレバレッジによって異なります)

スポンサーリンク

WTI原油ETFを取引するために必要な資金は6,000円。

前提条件:WTI原油価格が60ドル、1ドル=100円。

取引コストで比較・検証

CFDでWTI原油を取引した場合、売買手数料は無料だがスプレッドが約0.06ドル前後あるため最低単位の取引で600円。

対してWTI原油ETFの場合、信託報酬(年率0.8925%)+証券会社による売買手数料が300円前後かかります。

WTI原油が「1ドル」変動した場合の利益で比較・検証

CFDでWTI原油が1ドル変動した場合1万円。

WTI原油ETFの場合100円。

結論

取引コストではETFに分があります。

CFDの場合、レバレッジもあるの基本的に最低単位での取引というケースは少ないと思います。

その場合0.06ドル前後のスプレッドというのは重く、何千という単位になります。

また、最低投資金額という面からみてもCFDでWTI原油を取引する場合は数万円必要ですが、ETFであれば6000円前後から始められます。

投資効率という面では、CFDが10倍~33倍のレバレッジが効くため、少ない資金で大きな利益を狙えるため効率は高いです。

これらから長期で原油に投資したい方にはETF。

短期で大きな利益を狙いたい方はCFDが適してるのではないでしょうか。

原油取引が可能なCFD業者:IG証券

スポンサーリンク

  関連記事

no image
WTI原油ETFが登場

大阪証券取引所(大証)が原油先物価格に連動した上場投資信託(ETF)を、8月3日に上場させます。商品先物価格に連動するETFの上場は、国内で初めて。

久々のCFDトレード

CFDを活用してWTI原油トレードした結果を公表してます。

WTI原油価格 上値突破か?それとも

上図はWTI原油価格のここ2年間のチャート(出典:stockcharts.com)です。
昨年末の安値から2倍ちょっとの75ドル前後がここ最近の上値抵抗値のようにみえます。

WTI原油は調整局面

WTI原油8月物は株安、ドル高や製品在庫の増加を受け、大幅続落。
一時60ドル台を割り込みそうになりました。
現在は若干反発して61ドル台前半で推移しています。

米国雇用統計発表時のWTI原油価格チャート

今日21時半にアメリカの雇用統計が発表されました。
失業率は9.7%で1983年6月(10.1%)以来、26年2カ月ぶりの水準まで悪化しました。
この発表を受けてWTI原油価格も下落、上図での○部分は雇用統計が発表されてからの値動きとなります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*